●お久です、事業ガンバってます~
 引越前、私はボランティア団体に入る予定でした。
でも今、商工会について勉強してましてェ~
創作という小さな杖で、産業から福井県に貢献したいと考えてます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~%
●おっぱい枕、裏面。
20180913
 突然ですが、制作中の枕に触れます
後の話題で「私が何をしたいか」ご理解の一助になるかとw

第一案だと、原価 4000円/枚。ロットは50~100枚か、それ以上の生産数のみ。
つまり最低でも 20~45万円かかる。
中々お高い。ただ、やっぱり胸だけじゃなく
お尻にもシリコン入れて、揉みながらオナホ使えるようにしたい
から、予算は増えそう。

ですが、なるたけ良心的な価格にしたいです。
コレ配られたら面白いを目指したい。

んで、「カンパついでに良品が手に入る」形態に変更してみようかと。
おごそかに言ってますが、よくある形態です。
古来より、同人グッズの購入は「お布施」と呼ばれてきました。
コレが今の打開策に中々マッチしてて、感心してます。

でも「お高い」と感じたら、買わんで良いからね。
拙作よりまず自助努力に投資して。
育てて頂きたいのは、この「お高い」という感覚、
価値を考える力こそなんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~%
●カンパ窓口をクローズ グッズ店開設:予定。
 さて表題
カンパをご準備されてた御方は、財布の紐をそっと締めて頂ければ~。
お店開設との入替まで、ズルズル儲けるより、口にしてスグ閉鎖しました

今までご協力下さった方々へ、起業-経営準備すごく助けられました。
さらに1年前は、残金3万円でフリーランス自立した際
1Kアパートすら断られかけたときも、お蔭様で乗り越えられました。
本当に有難うございます。
精神的にも、独りでバカやってないと知って支えられました。
ご協力下さった御方自身が思ってるであろう額面を、遥かに超えた御支援です。


 もともと、上限つきドネーション制 を始めたのは
プレイヤーの満足度を上げる  一環でした。
頒布開始時にもペラッペラ喋ってますね~
この提案は、プレイ後にプレイヤーが価格をつける というものです。
今回は上限を 1200円に設け、経済状況・満足度にあわせて自由に。でした。

例えば大学生なら、性欲解消でエロゲ 1本 2千~1万円もの出費は痛手です。
拙作より今は学業・自己研鑽に投資して頂き、
私がゲームクリエイターになった後にでも、
ご成長されてから御支援賜ったほうが
双方にとり、はるかに有意義。私にとっては未来への投資です。
だからタダで遊んで頂いて問題ないんですね。

また、安めに上限を設けることで
ご協力下さる御方への不公平感を和らげたかった。

 そして進言した結果、フリーゲーム夢現様と、エロゲと響様に
「カンパウェア」のジャンルを加えて頂けました。
カンパウェアでの登録は徐々に増えており、
今後、支援ルートが増えてゆけば
他のゲ制者様たちも開発しやすくなることでしょう。

~~~~~~~~~~~~~%
 ですが私は、事業する過程でコレを「まだ弱いアイデア」と考え直しました。
(逆に私が当初、儲け主義とか1万人規模で叩かれまくったしww
 面白いからイイけどネ)
時代を先んじすぎたと思う。改良も必要。
資本主義が次の経済体系に進化したあたりで、もっかい言うゼ。


 冗談はともかく、開始当初、こう考えてました。
「クリエイタがゲームというものを考える機会になり、時間とお金を
 搾取され大損した不満が市場に反映し、粗製乱造・停滞する
 ゲーム市場が、より面白くなる」
遊ぶ内容が不明瞭のまま、定価と等価交換はおかしいと思ったんですね~。

 拙作のように自分でプログラムしたゲームの場合、同人頒布サイトでは
プロテクトかけたら、体験版すら御用意できません。
体験版で動作確認できないってョ? なしだろ。
誰だって、最初からカンペキに作れるわけない。
起動直後に止まるゲー無を頒布した結果、
「時間とお金を返してほしい」 な~んて悲劇を無くしたかった。

 まだメリットはある。芸として「素晴らしいと感じた体験」に、
プレイヤー自身の基準で価値をつけられるようになれば、
私生活・仕事場にも「価値ある体験」が導入される。
「楽しい」を僅かでも理解すれば、苦しいだけの工程を減らせる。
「楽しい」は人によって違うんだ。

かつて産業革命時に工場にて「儲かるから」と、
激安賃金で大勢を働かせ、カビの生えたパンを食べさせる時代から。
ヒトが進化し豊かになったように。

物そのものに加え心的体験に価値が認められレバ、
辛い人生は良質な工程を組むことで、豊かになるでしょうとw
日本国全体の感性も成長しそうです。
だんだん主語が大きくなってきたぞ。

 加えて、ユーザーの経済状況にピッタリ寄せられる。
学生・休職・病気・結婚直後で、金欠でもサ。
そんな苦境に陥った人たちでも、満足に公平に遊べるよう。
ゲームによって時間(命)を闇雲に浪費せず、
その上手な使い方を学べれば良い。と考えてました。確か当時はね。

 というか、遊びって、命の使い方を学ぶためあるんじゃないかな?
死ぬまで気楽に生きるため。 出会いのために、道楽はある。
少なくとも私にとって、ゲームとは代えがたい「価値ある体験」。
余裕なく苦しむ人ほど、余裕あるときには搾取されない遊びがあるべきだと。
そう、海釣りのようにさ。

~~~~~~~~~~~~~%
 ちと熱く語りすぎた。事業計画書にこのまま書けるな。
ともあれ、この考え方は、今の市場にはまだ受け入れられない。

なにせ表面だけ見れば、創れない作者が大損する
そしておおむね、創れない作者なんだ。
スクリプトキディの喜びに留まるか、技術自慢で中身ないか。
でも大勢の創れない作者がいるお陰で、やがて創れる作者に育つ。
ただ今は、新機軸のゲームを作れる人がほぼいない、ように見える。

この案は、創れる作者もプレイヤーも、金銭に加え、精神的に得する。
でも、そもそも「体験に価値を見出だす」ドネーション文化が根付いてないと難しい。
さらに悪いことに、格差感・時間浪費を与える前提で作る御方には痛すぎる。
ガチャもパチンコも成立しなくなってしまう。
全プレイヤーを満足させにゃ、稼げないんだから。

極端な例にもとづく言い方だけど、
クソゲーで殴るほど、時と金を吐く仕組みがあれば、やめる道理はない。
私だって同じ立場なら、そーする。
人間、搾取できる側になったら、他人を限界までスポイるよ。フツーは。歴史どおり。
最低賃金で、何年も末永く、賽の河原のように同じ作業を繰り返させる。
面白いゲームを作るトコは、面白いものを作る企業理念が存在するってこった。


もちろん、既存スタイルにもニーズあるんだけど、
私は面白いゲームが遊びたいんだ。
誰も見たことがない、未知の遊びを、だよ。食べたい。
その1点を満たしたい、ただそれだけで創作してる。生きてる。
そのためには、もっともっと多種多様なゲームが出現してくれないと困る。

~~~~~~~~~~~~~%
そこで、やはり私は事業者なので。
「文化に適した事業として活動しよう」と考え直してます。
大きな組織の常識を変えてくにゃ、ぽっと出の提案するだけじゃなく、
多大な努力を支払うってコトだね。同じ土俵で、成果を出す。
私自身も、幸福を追求して生きたい。もっと成長する。

面白いゲームを遊ぶためには、私が面白いゲームを作らにゃ。
面白いのを私が作るのに、全く興味なかったのに
どーしてこーなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~%
●ちょっとヤバいこの数字、見てよw
 話変わってるように見えるけど、実力つける点では関連
前記事では、福井県での創作活動がいかに困難か お話し(グチり)ました~。
ここではデザイナー業について、軽く触れます

 ‥‥「X.5」って、実質2人やろ。そして勤続1.5年て。
1年未満は調査できないじゃろ、実体はもっと短いってこった。

厚労省の賃金構造基本統計調査、自分で変えてかにゃ
清く正しく生きてたって、クレカ審査なんか通るわけないやんw
なんだよ、このピンチww 信用が地獄のソコ

まぁ県内に仕事が落ちて無いんやろーな。ノウハウも得にくい。
ソレで皆、1年続かず転職ってトコか。
畳むのは英断だと思う。
そーいや県唯一のメイド喫茶「アマリリス」も、1年で閉店したっけ。
種から芽が育たない、すさまじい環境のようだ、砂漠かよ。

だが金星の地表ほどじゃないな。
まだハビタブルゾーン、生存は可能。
とにかく、誰かが種から木を育てなきゃ、どうしようもない。

今回、グッズショップへ焦点しぼることにしたのは。
ゲーム系創作への、ひいては作家への偏見が(無自覚に)強い風土
名ばかりの肩書より良いモノが評価される風土
変えていきたい思惑があります。
県内にアニメイトが1軒じゃしな、委託は絶望だ。
面白ぅしたい。
というか面白い人を増やしたい