●雑談。9月のアレ、その後
 2017/12/24:相手を責めない文章に修正
    「自分の小さな『箱』から脱出する方法」 を読み、
    自己欺瞞のあった文章を直しました。
    私を正当化しても、面白いゲームや最良の頒布方法は作れない。
    自ゲが面白いかつまらないかの、現実も見えなくなる。
    他人を責めず、自分を偽らず、ゲ制に向きあう。それだけだ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~%
 私が2月、フリーゲーム夢現(エロゲと響)様で開始した
ゲームのドネーション制 ですが、大事になってますね~。

 9月に 数万人 を巻きこんだ(申し訳ありません) アレ の続きですが、
最終的にこの頒布方法の第一歩が認められて良かったです。
この一件で夢現様に項目「カンパ版」を追加して頂けたのですよね。
「投げ銭ボタン」も。その節は本当に有難うございました。

実際、「Amazonギフト券」自体は私が始めたのではなく
ユーザーさんから納金先として提案があったんですよね。
エロゲ住人の完全勝利

‥‥いいかい。
「ゲーム開発支援(ギフト券)」 発祥はエロゲユーザー なんだ。
エロゲユーザーたちは 日本ゲーム文化振興財団(2017/11/20設立)にさえ
重大な影響を与えたんだよ。
時代が遷ろうと、コレだけは忘れないでほしい。
「エロスにより人は進化する」というが、この出来事はまさにソレだ。

冗談はおいといてさ。
この頒布方法を 「粋だ」と仰ってくださる方々 がいたから、やってこれた。
公開当初は全て「粋だ」だった。
西洋にはユーモアがあるが、日本には「粋」がある。
べらんめぇ、無料も有料もあるかよ。どう考えても私はトラブルメーカー。
でも世が変わって嬉しいです。

ちなみに拙作は 15~50万円じゃないんだな。
▼添付テキストファイル
20171222

ゲームユーザー全員が、さらに満足する頒布方法じゃないかな。
まぁ3ヶ月に1回あるなしだし、私も試験中の配布方法でさ。
もっとこう、ゲームのあるべき道。
ユーザーとクリエイターがともに最大に満足する頒布方法 を模索していきたい。
究極のゲーム配信の方法とは何か。
方向性はイイ感じだと分かって、ひとまず安心したよ。